【12/1】+1CINEMA:D『カランコエの花』水戸上映+ゲストトーク

_カランコエの花_ol

ゲスト決定!(11/18現在)
追加ゲスト決定!(11/22現在)
すべての上映回にゲスト登壇決定!(11/23現在)

以下5名が3回の上映すべての回にゲスト参加をしていただけることになりました!

・中川駿(監督)

・石本径代(月乃の母 役)

・イワゴウサトシ(加藤健一 役)

・柴田徹也(企画・助監督)

平戸正英(水戸市 みとの魅力発信課 担当係長)

 

【12/1映画の日】映画『カランコエの花』水戸上映

ただ、あなたを守りたかった。

近年社会問題として国際的にもメディアで多く取り上げられている「LGBT」。それを取り巻く人々にフォーカスを当てることで、彼らの過剰な配慮によって翻弄されていく当事者を描いた今までにない視点の映画作品。

水戸市みとの魅力発信課、那珂高校などが撮影協力し、都内でロングラン上映中

“NEXTカメ止め!”とも言われている短編映画です。

■期日:2018年12月1日(土)

■上映作品:カランコエの花(2016年/39分)

■上映時間:開場14:45

①15:00〜16:00   ②16:45〜17:45  ③18:30〜19:30

■ゲスト:すべての回にゲスト登壇です。

・中川駿(監督)
・石本径代(月乃の母 役)
・イワゴウサトシ(加藤健一 役)
・柴田徹也(企画・助監督)

・平戸正英[水戸市 みとの魅力発信課 担当係長]

■会場:Café+zakka+gallery Minerva(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)

■定員:各回30名程度

■料金:※全てワンドリンク付きチケットです。

前売 一般(大学生以上)1400円/中高生1000円

当日 一般(大学生以上)1700円/中高生1300円/小学生以下500円

 

★チケットレスでスマートな前売りデジタルチケットはこちら↓

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01hriezwe501.html

 

■ストーリー

とある高校2年生のクラス。ある日唐突に『LGBTについて』の授業が行われた。

しかし他のクラスではその授業は行われておらず、生徒たちに疑念が生じる。

「うちのクラスにLGBTの人がいるんじゃないか?」

生徒らの日常に波紋が広がっていき…

思春期ならではの心の葛藤が起こした行動とは…?

 

■解説

近年社会問題として国際的にもメディアで多く取り上げられている「LGBT」。

当事者を主とした恋愛や状況を描いた映画は国内外で多く発表されている中、それを“取り巻く周囲の人々”にフォーカスを当てることで、彼らの過剰な配慮によって翻弄されていく当事者を描いた今までにない視点の映画作品。また、それが観客に対するリアルなメッセージとして感動を与え、国内映画祭でグランプリ6冠を含む計13冠を受賞。さらに今若手女優として注目度の高い今田美桜を主演に起用し、等身大の女子高生の心の動きを新鮮な演技で描いた点も見どころとなっている。


■応援コメント

ブルボンヌ(女装パフォーマー)

「私の周りに“そういう人”はいなかったから」

何度も言われた言葉です。

あなたの前で、そうじゃない振りをするしかなかった人たちが、たくさんいた。

かわいそうな友達を守るのではなく、あなたという人間の尊厳を守るために。

 

西原さつき(タレント・女優)

誰かを好きになるという、最もピュアな感情を思い出させてくれる映画でした。あの笑顔にもう一度包まれたいとか、大切なものを守りたいとか、皆が持っている一番キレイで透明な気持ちが詰まっています。

そんな相手を好きになる気持ちが、人に理解されない悩みになりやすいのが、LGBT当事者にはあります。忘れないで欲しいのは、恋は時として性別を超える瞬間があるということ。そして愛は、それらも全て包み込むものだということを。

私たちは、いないのではなくて「見えていない」だけです。例えばあなたのすぐ近くの人が、大切な人が、もしそうだったとしても、大丈夫だよと伝えてあげて下さい。たまにで良いので、話を聞いてあげて下さい。それだけで、私たちは救われます。

自分に嘘をつかなくても良いように、自分の性を誇りに思えるように。この作品に触れることで、そんな気持ちになってもらえたら良いなと思います。誰かが誰かを愛する、その無色透明な感動を、ぜひご覧ください。

 

■監督プロフィール

中川駿(なかがわしゅん)

1987年石川県生まれ。東京都在住。

大学卒業後、イベントの制作会社にて勤務。その後独立し、イベントディレクターとして活動する傍らで、ニューシネマワークショップにて映画制作を学ぶ。現在はフリーランスのイベント/映像ディレクターとして活動中。監督作品は『time』『尊く厳かな死』『カランコエの花』『UNIFORM』。

 

出演:今田美桜/永瀬千裕/笠松将/須藤誠/有佐/堀春菜/手島実優/石本径代/山上綾加/古山憲正/イワゴウサトシ

企画:木佐優士/柴田徹也/中川駿

プロデューサー:山野淳/木佐優士

撮影:伊藤弘典

録音監修:治田敏秀

録音:内田達也

助監督:柴田徹也

監督補佐:和智仁美

照明助手:平山貴浩

録音助手:佐藤初那

制作:戸塚美早紀

ヘアメイク:CHimuu Yayoi CB

整音:空想サウンド開発局

スチール撮影:宇田川俊之

フライヤーデザイン:桑田亜由子

協力:茨城県立那珂高校/茨城交通株式会社/水戸市みとの魅力発信課/ニューシネマワークショップ

製作:中川組
映画『カランコエの花』公式サイト
https://kalanchoe-no-hana.com

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中