【2/15】シネポートシアター MITO vol.30 宮崎大祐監督特集上映+監督舞台挨拶

スライド1

シネポートシアター MITO vol.30 宮崎大祐監督特集上映+監督舞台挨拶

日本映画の最前線、ストリートの現在を代弁する映画監督、国内外問わず様々な場所で映画制作を続けてきた宮崎大祐監督の特集上映!
米軍基地、貧困といった問題を抱える神奈川県大和市という場所で、ひとりの少女が“語るべき言葉”を獲得していく物語『大和(カリフォルニア)』、神奈川県大和市から、シンガポールに観光旅行へやってきたニーナとスー、スーとはぐれ、スマホも紛失してしまったニーナが異国でひとりぼっちになり、予測不可な展開が待ち受ける旅する映画『TOURISM』の長編2作品と、短編作品『ざわめき』『遊歩者』2作品を紹介します。
監督をゲストに迎え、上映後のトークも行います!

 

<ゲスト予定>

宮崎大祐監督、田中羊一助監督、映画『ざわめき』より菊地敦子さん、橘美緒さん、新作『VIDEOPHOBIA』より廣田朋菜さん、緒川尊さん 水戸から鈴木洋平さん、平島悠三さん

 

■期日:2020年2月15日(土)
■上映作品:
TOURISM 2018年/77分/シンガポール・日本
大和(カリフォルニア)2016年/119分/日本・アメリカ
ざわめき 2019年/13分/日本
遊歩者 2019年/5分/日本

■上映時間:開場12:15
①12:30〜14:40 TOURISM/ざわめき/遊歩者(上映後トーク)
②15:00〜17:30 大和(カリフォルニア)(上映後トーク)
③17:50〜20:00 TOURISM/ざわめき/遊歩者(上映後トーク)

■会場:Café+zakka+gallery Minerva
(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)
■定員:20名
■料金:※全てワンドリンク付チケットです。
前売 1500円 2回チケット2500円
当日 1800円 2回チケット3100円

前売デジタルチケット↓

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01cu5j10qi0gw.html

 

■主催:310+1シネマプロジェクト
■企画協力:boid / 藤美奈子
■問合せ:310cinema@gmail.com

 

宮崎 大祐 監督
Miyazaki Daisuke
1980 年生まれ、神奈川県横浜市出身。早稲田大学政治経済学部卒業。『トウキョウソナタ』(2007年、黒沢清監督)などの作品に助監督として参加。2011年には脚本を担当した筒井武文監督作『孤独な惑星』が2011 年冬に公開。同年、初の長編作品『夜が終わる場所』を監督。世界中の国際映画祭に出品され、トロント新世代映画祭では特別賞を受賞した。15 年にアジア四ヶ国によるオムニバス映画『5TO9』のうちの一編『BADS』を永瀬正敏主演で監督、18年『大和(カリフォルニア)』、19年『TOURISM』を公開。次回作『VIDEOPHOBIA』は来年公開予定。

 

>『TOURISM』
監督・脚本:宮崎大祐
出演:遠藤新菜、SUMIRE、柳喬之
2018年/77分/シンガポール・日本/配給:boidうちらならどこまでもいける
まだ世界を知らない少女たちの国境なき旅フリーターのニーナ(遠藤新菜)は東京からほど近い地方都市・神奈川県大和市でスー(SUMIRE)、ケンジ(柳喬之)とシェアハウスをしている。ある日、世界中どこにでも行けるペア旅行券の抽選に当たったニーナは、くじ引きで決めた行先・シンガポールをスーと共に訪れる。初の海外旅行であったが、日本とあまり代わり映えしない街並みに少し失望する二人。そんな中、チャイナタウンで携帯電話を失くしたニーナはスーとはぐれてしまう…
>『大和(カリフォルニア)』
監督・脚本:宮崎大祐
出演:韓英恵、遠藤新菜、片岡礼子、内村遥、ほか
2016年/119分/日本・アメリカ/配給:boidここは神奈川相模 極東の要所。
米軍基地の町を舞台にした新世代音楽青春映画、ここに誕生。神奈川県大和市。この町は戦後米軍基地と共に発展してきた。厚木基地の住所はカリフォルニア州に属しているのだという都市伝説があるという。
この町に住む十代のラッパー・長嶋サクラは日本人の母と兄、母の恋人で米兵のアビーに囲まれ、この町同様、複雑な関係性の中で育ってきた。アメリカのラッパーに憧れて、サクラは毎日ラップの練習と喧嘩に明け暮れる。ある日、アビーの娘・レイがカリフォルニアからやってくる。日米のハーフで、サンフランシスコで生まれ育ったレイ。好きな音楽の話をきっかけに
して2人は距離を縮めていくのだが─。
>『ざわめき』
2019年/13分
監督・脚本=宮崎大祐
出演=菊地敦子、橘美緒、斉藤結女、藤江琢磨
神奈川県大和市在住の佐々木は親友の鈴木と今日も無為に時間を過ごしている。佐々木には「天然水」という会ったこともないメル友がいた。「天然水」は佐々木に直接会わないかと持ちかける。今日は佐々木の誕生日だった。
言葉と心。心と身体。上半身と下半身。いつもすれ違い続ける私たちはいつか出会えるのだろうか。
>『遊歩者』
2019年/6分
監督・脚本=宮崎大祐
出演:パメラ・レジェス、カルロ・ファハーダなどカルロはガールフレンドのパメラを追ってマニラから山間の町バギオへとやってきた。出会うことに慣れすぎてしまって出会えなくなったふたりは果たして出会えるのだろうか。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中