【12/19】シネポートシアター MITO vol.37 『嵐電』

シネポートシアター MITO vol.37 『嵐電』

この電車に乗れば、どこまでだって行けますよ。
京都市街を走る電車。京福電気鉄道嵐山線(通称らんでん)を舞台に、三つの恋愛が幻想的に交錯する―。

■上映作品|『嵐電』 (114分)
■上映時期|2020年12月19日(土)
■上映時間|開場12:45
①13:00〜15:00 ②15:30〜17:30 ③18:00〜20:00
■上映会場|Café+zakka+gallery Minerva
(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)
※会場には駐車場はございません。公共交通機関か近隣の有料駐車場をご利用ください。
■定員|20名程度
■入場料金|前売1400円/高校生以下1000円 当日1700円/高校生以下1200円
※前売・当日共にチケット代にワンドリンク含む

前売デジタルチケット
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01pde5mv3ta11.html

■主催:310+1シネマプロジェクト
■問合せ:310cinema@gmail.com
https://310cinema.wordpress.com

<作品>
『嵐電』
2019年製作/114分/G/日本
配給:ミグラントバーズ、マジックアワー
監督 : 鈴木卓爾
出演 :  井浦 新/大西礼芳/安部聡子/金井浩人/窪瀬 環/石田健太/福本純里/水上竜士 ほか
音楽:あがた森魚

通称・嵐電(らんでん)として知られる京都市内の路面電車・京福電気鉄道嵐山線を舞台に描かれた、幻想的なラブストーリー。京都にやってきたノンフィクション作家、修学旅行で青森から来た女子学生、太秦撮影所の近くにあるカフェで働く女性が織りなす、交錯する3つの恋の物語を描く。主演は井浦新。「ゲゲゲの女房」の鈴木卓爾監督がメガホンを取る。

(c)Migrant Birds/Omuro/Kyoto Univercity of Art and Design 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中