【9/10】シネポートシアターMITO vol.58『カナルタ 螺旋状の夢』太田光海監督+宇宙まおさん ゲストトーク付上映

【特報】ゲスト追加情報(2022/8/6更新)
本作の上映にあたり、監督とシネポートシアターの橋渡しをしてくださった、シンガーソングライターの宇宙まおさんが駆けつけてくださることになりました!上映後のゲストトークに監督とともに登壇します。

【9/10】シネポートシアターMITO vol.58『カナルタ 螺旋状の夢』太田光海監督+宇宙まおさん ゲストトーク付上映

エクアドル南部アマゾン熱帯雨林。環境の激変に揺れ動く現代の森に生きるシュアール族の日常に密着し、先住民の知られざる人生観と生き様を特異な表現で映し出す。構想に約7年、現地での1年にわたる壮絶な住み込み撮影を単身で行なった太田光海監督渾身のドキュメンタリー映画

上映作品|『カナルタ 螺旋状の夢』2020年/121分/イギリス・日本
上映期日|2022年9月10日(土)
ゲスト|太田光海監督、宇宙まおさん
上映時間|開場12:45
①13:00-15:05 上映後ゲストトーク
②16:00-18:05 上映後ゲストトーク
上映会場|Café+zakka+gallery Minerva
(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)
定員|各回15名程度
料金|前売1500円 / 当日1800円
※前売・当日共にチケット代にワンドリンク含む

↓前売デジタルチケット↓
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/02i0kaug87h21.html


主催|310+1シネマプロジェクト
https://310cinema.wordpress.com

ゲスト:太田光海 Ota Akimi 監督

1989年東京都生まれ。神戸大学国際文化学部、フランス・パリ社会科学高等研究院(EHESS)人類学修士課程を経て、英国・マンチェスター大学グラナダ映像人類学センターにて博士号を取得した。パリ時代はモロッコやパリ郊外で人類学的調査を行いながら、共同通信パリ支局でカメラマン兼記者として活動した。この時期、映画の聖地シネマテーク・フランセーズに通いつめ、シャワーのように映像を浴びる。マンチェスター大学では文化人類学とドキュメンタリー映画を掛け合わせた先端手法を学び、アマゾン熱帯雨林での1年間の調査と滞在撮影を経て、初の監督作品となる『カナルタ 螺旋状の夢』(2020年)を発表した。

ゲスト:宇宙まおさん Uchu Mao

シンガーソングライター。2012年4月デビュー。作詞作曲、ステージでのパフォーマンスを軸に活動。2014年より、J2サッカーチーム「水戸ホーリーホック」の応援ソングアーティストを担当。2015年より、ラジオのパーソナリティとしての活動も始まり、現在は、茨城放送「いばらきは宇宙だ!」を担当。2020年4月より、シンガーソングライターの見田村千晴さんと共に「女ふたり、映画のばなし」を担当。CM楽曲の書き下ろしや、アーティストの方々への楽曲提供なども参加しています。趣味は、ホラー映画と冷凍食品。

https://www.youtube.com/channel/UCSDuhxuYI8TSUK5AO224ohw/about
ご近所さんの映画井戸端会議。シンガーソングライター見田村千晴さんと宇宙まおさん映画についてが野放しに語ります。Podcast/Youtubeにて。現在隔週木曜夜に配信。※現在見田村千晴さんは育休中のため不定期参加。

『カナルタ 螺旋状の夢』
[2020年/イギリス・日本/シュアール語・スペイン語/ステレオ/121分]  

[INTRODUCTION]
パリで20代前半を過ごし、あらゆる映像を浴びるように吸収した後、イギリス・マンチェスター大学で先端学問「映像人類学」の博士号を取得した若手監督、太田光海。映画界に突如現れた新星にして異端児は、5ヶ国語以上を自在に操る圧倒的な語学センスと異文化に溶け込む類稀な適応力、そして既存の枠にとらわれない自由な映像術を併せ持つ。

[STORY]
セバスティアンとパストーラは、エクアドル南部アマゾン熱帯雨林に住むシュアール族。かつて首狩り族として恐れられたシュアール族は、スペインによる植民地化後も武力征服されたことがない民族として知られる。口噛み酒を飲み交わしながら日々森に分け入り、生活の糧を得る一方で、彼らはアヤワスカをはじめとする覚醒植物がもたらす「ヴィジョン」や、自ら発見した薬草によって、柔軟に世界を把握していく。変化し続ける森との関係の中で、自己の存在を新たに紡ぎだしながら。しかし、ある日彼らに試練が訪れる…。

監督・撮影・録音・編集:太田光海
サウンドデザイン:マーティン・サロモンセン
カラーグレーディング:アリーヌ・ビズ
出演:セバスティアン・ツァマライン、パストーラ・タンチーマ
制作協力:マンチェスター大学グラナダ映像人類学センター
配給:トケスタジオ
https://akimiota.net/Kanarta-1

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中