映画『ミニオンズ』上映会@イオンタウン水戸南


映画『ミニオンズ」子供向けと侮ってはいけないな。
使われている音楽が60s-70sロック満載♫
ビートルズはもちろんタートルズ、ドアーズなんかも入っていたりして60年代のグルーヴが再現されているから、大人も楽しめる傑作!音楽だけでも楽しい!舞台は1968年のニューヨークとロンドンなので英国文化好きな人も楽しめるかもしれませんね。

【3/26】映画『ミニオンズ』上映会@イオンタウン水戸南
明日、イオンタウン水戸南の空きテナント会場を1日限定の映画館にします。イオンタウン各店舗で映画の半券持参でサービスが受けられる「シネマdeサービス」もあります!
作品はアニメーション作品『ミニオンズ(吹替版)』。
ぜひ、遊びに来てください!

★期日:2017/3/26(日)
★上映作品:『ミニオンズ(吹替版)』(2015/アメリカ/91分)
★開催場所:イオンタウン水戸南 特設コミュニティホール
http://www.aeontown.co.jp/mitominami/access
★上映時間:①10:30~②12:30~③14:30~④16:30~
★定員:1回50名程度
★料金:お一人さま税込500円(1上映につき)
★駐車場:無料

【4/19】「+1CINEMA:D」 映画『台北カフェストーリー』上映会

taipeichirasi_image

映画『台北カフェストーリー』上映会

期日:2017年4月19日(水)

会場:Café+zakka+gallery Minerva

(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)

定員:各回30名

料金:一般(大学生以上)1500円/中高生1000円/小学生以下無料

前売り1200円(各回先着10名)

※小学生以下以外のチケットは全てワンドリンク付きです。

★前売券はこちらからお求めください↓

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01j8w2ysa4uv.html

上映時間 ① 13:30〜15:30 ② 16:00〜18:00 ③18:30〜20:30

人生で本当に大切なものはお金で測れない。

台北で美人姉妹がカフェをオープンする。

このカフェでは「物々交換」が人気に。

物と物を交換するとき、実は物にまつわる

ストーリーも同時に交換している。

そして、姉妹は価値観を変えていく。

OLからカフェのオーナーに転身したドゥアルと妹のチャンアルが念願のカフェを台北でオープンする。ドゥアル・カフェは、コーヒーのアロマ、手製のデザートの香りであふれている。しかし、やっと開店したものの、お客が入らない。そこで妹チャンアルが、カフェで物々交換を始めるアイデアを思いつく。様々な物が持ち込まれ、そして次のオーナーのもとへと去っていく。やがて物々交換はドゥアル・カフェの一番の魅力となっていく。そして物々交換がきっかけで出会った人たちが、心を通わせていく。

ある日、一人の男性がお店にやって来る。彼は世界35都市で集めたという35個の石鹸を持って来て、何か特別なものと交換したいという。以後、カフェに来る度に語られるそれらの石鹸のエキゾチックな物語にドゥアルの心は魅せられていく。そして、物々交換をきっかけに、姉妹の価値観が変わっていく。本当に大切なものは?台北を舞台に展開するオシャレ感覚溢れるカフェ・ストーリー。

上映作品:台北カフェストーリー

| 81分| 中国語 | カラー | 2010年 | 台湾 |

原題: 第36個故事

英語タイトル: Taipei Exchanges

監督・脚本:シアオ・ヤーチュアン(蕭雅全 )

製作総指揮: ホウ・シャオシェン(侯 孝賢)

キャスト:グイ・ルンメイ(桂綸鎂 )リン・チェンシー(林辰唏)チャン・ハン(張翰)中孝介(特別出演)

ドキュメンタリー映画『0円キッチン』『抱く(HUG)』上映会

ドキュメンタリー映画会310「+1CINEMA:D」

東日本大震災を忘れない。
水戸未公開ドキュメンタリー映画『0円キッチン』『抱く(HUG)』上映会!

東日本大震災から6年となる2017年3月11日に、映画を通してあの日に獲得した新しい価値観、新しいものの見方をもう一度思い返し、参加者と共に考え、対話をする場を作ります。

今回の上映作品は水戸未公開作品の廃棄食材をテーマにしたロードムービー『0円キッチン』と命の輝きと母の愛をテーマにした『抱く(HUG)』の2作品です。
***********************************************************************
【イベント名】ドキュメンタリー映画会310「+1CINEMA:D」
【上映作品】 映画『0円キッチン』『抱く(HUG)』
【期日】 2017年3月11日(土)
【時間】  10:00 開場
①10:30〜12:25『0円キッチン』
②13:30〜15:15『抱くHUG』
③15:40〜17:35『0円キッチン』
④18:00〜19:45『抱くHUG』
※各回の上映時間には上映後30分程度の対話の時間を含んでおります。
※託児サービスはございません。お子さんと一緒にご鑑賞ください。
【会場】 茨城県水戸生涯学習センター 大講座室
【料金】一般(大学生以上)1作品1,000円2作品1,500円 中高生500円、小学生以下無料
【主催】 310+1シネマプロジェクト

+1CINEMA:D始動

%e3%83%97%e3%83%a9%e3%82%b9%e3%83%af%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%8d%e3%83%9e%e3%83%ad%e3%82%b4%e5%ae%8c%e5%85%a8%e8%b5%a4

この春、ドキュメンタリー映画の定期上映会をはじめます。

2011年10月よりはじまった310+1cinema projectは、これまで毎月1回のミーティングをはじめ、ホテルでの上映活動「シネポートシアターMITO」、16mmFILM映写機による上映活動「シネマサーカス」など、非劇場での不定期上映会を行なってきました。

ミニシアターがない水戸にもっと多様な映画を届けたいという想いから、この春、ドキュメンタリー映画の定期上映会「プラスワンシネマ:D(+1CINEMA:D)」をはじめることにしました。Dはドキュメンタリー、ダイアローグ、ダイバーシティの頭文字。多様な作品に出会い、対話を楽しむ場にしていきたいと考えています。

第1回目の上映会は2017年3月11日(土)です。上映作品は近日中に発表します。お楽しみに。

水戸まちなかゼミ&まちカル

fullsizerender-24

fullsizerender-25

水戸のまちなかで受講料無料で70講座が開講する「水戸まちなかゼミ&まちカル」に今回も310+1シネマプロジェクトとして2講座実施します。申し込み開始は1/24(火)からです。お時間ございましたらぜひご参加ください。

http://mito.inetcci.or.jp/machicul/

<映画監督深作欣二を語る パート8 銀幕で輝く俳優たち1>

千葉真一、菅原文太、松坂慶子、そしてピラニア軍団たち…深作映画で輝く俳優について語る!

日時:2月25日(土)10:00~11:30

会場:泉町会館

講師:310+1シネマプロジェクト 谷田部智章

定員:20名

予約方法:電話予約090-3087-2495

http://mito.inetcci.or.jp/machicul/details15.html

<水戸と映画「仮面ライダーの聖地、水戸!?」>

実は水戸は戦隊シリーズの撮影が数多く行われています。今回は「仮面ライダー」にスポットを当てて撮影裏話をします。

日時:2月25日(土)18:30~19:30

会場:泉町会館

講師:310+1シネマプロジェクト 寺門義典、谷田部智章

定員:20名

予約方法:メール予約 310cinema@gmail.com

http://mito.inetcci.or.jp/machicul/details17.html

エンジン01 in 水戸に参加します

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-01-13-12-21-02

img_2001

2017年2月17日〜19日。水戸市で「エンジン01文化戦略会議 オープンカレッジ in 水戸」というイベントが行われます。各分野で活躍する文化人、知識人、芸術家など100人以上が水戸に集まり、講座やイベントプログラムを通じて、市民のみなさんと「知の交流」を行うイベントです。

http://enjin01-mito.jp

2月18日(土)は茨城大学を会場に約100講座が開講されるのですが

その中で「水戸の映画熱を語る」というテーマの講座が開講されます。

講師の一人として310+1シネマプロジェクトから代表の寺門が参加することになりました。

1講座参加費500円です。現在チケットぴあにて発売中。

みなさんのご参加をお待ちいたしております。

<ワークショップ>映画のハナシ〜アニメーション体験 みる・しる・つくる〜

img_1984

img_1978

2017年最初の活動は、小学生向けにアニメーション体験ワークショップを行ってきました。

  • しる:映画について知る
  • つくる:アニメーションを作る
  • みる:作ったアニメーションを見る
  • みる:映画を観る

映画はいつ頃できたのかな?といった話から始まります。
そのあと、パラパラ漫画か、円盤に12コマの絵を描くワークショップを行います。
できた作品をお互い見た後、最後に16mmフィルム映写機でアニメーションを観て終了です!

急にアニメーションを作ろうって言われても、大人だったら考えてしまいますよね。でも子供はアイデアがどんどん出てくるんです。すごい!

新年から子供たちから元気をもらった活動になりました。

 

◼︎日時:2017/1/5(木)

◼︎会場:常磐小学校解放学級

◼︎対象:45名(小学生1年〜6年)