【6/3】「+1CINEMA:D」 チェコアニメーション上映会 

チェコomote

チェコアニメーション上映会

【期日】2017年6月3日(土)

【会場】Café+zakka+gallery Minerva

(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)

【定員】各回30名

【上映時間】① 13:30〜15:00 ② 15:30〜17:00 ③17:30〜19:00

【料金】PASS MARKET限定:早割チケット1000円(各回枚数限定、販売期間5/21まで)

前売 一般(大学生以上)1200円/高校生以下 700円

当日 一般(大学生以上)1500円/高校生以下1000円

※チケットは全てワンドリンク付きです。

【主催】310+1シネマプロジェクト https://310cinema.wordpress.com

【予約・問合せ】310cinema@gmail.com / 090-3904-4806(寺門)

~ かわいくてたまらないチェコ産アニメーション~

チェコで生まれたアニメ作品の上映会を開催!かわいくて、どこか懐かしいチェコアニメをご家族やお友達と楽しみましょう。

チェコアニメーション上映会

① 13:30〜15:00 プログラムA(計50分)

1. もぐらくんとひよこのたび(1975年/7分)

2. 森の妖精アマールカ~森番をやっつけた日~(1973年/7分)

3. けしのみ太郎~思いがけないプレゼント~(1979年/7分)

4. けしのみ太郎~ゆかいな子守歌~(1979年/7分)

5. けしのみ太郎~ヨチヨチ歩きの先生はだれ?~(1979年/7分)

6. イモムシくんは大スター(1967年/15分)

② 15:30〜17:00 プログラムB(計53分)

1. 森の妖精アマールカ~ハリネズミを助けた日~(1973年/7分)

2. もぐらくんとみどりのほし(1969年/8分)

3. ふしぎな庭~動物が好きな男~(1974年/15分)

4. ふしぎな庭~広がる霧~(1975年/14分)

5. おいしいケーキを焼いたお話(9分)

③17:30〜19:00 プログラムC(計55分)

1. もぐらくんとどうぶつえん(1969年/7分)

2. 森の妖精アマールカ~ザリガニに助けられた日~(1973年/7分)

3. 犬と妖精の話(1959年/15分)

4. あおねこくんとしろひげくん(1974年/10分)

5. ぼくらとあそぼう!~カブの話~(1973年/16分)

Ⓒ Krátký Film Praha, a.s.

Ⓒ V.Bedrich, B.Siska, Licence by Czech TV

Ⓒ Země pohádek,a.s. ,Zdeněk Miler, Little Mole a. s.

配給:アットアームズ

【5/13】「+1CINEMA:D」映画『ハーフ』上映会


<映画『ハーフ』上映会>

◼︎期日:2017年5月13日(土)

◼︎会場:Café+zakka+gallery Minerva

(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)

◼︎定員:各回30名

◼︎料金:当日 一般(大学生以上)1500円/中高生1000円/小学生以下無料

前売り 1200円

※小学生以下以外のチケットは全てワンドリンク付きです。

◼︎上映時間:① 13:30〜15:30 ② 16:00〜18:00 ③18:30〜20:30

チケットはこちら↓

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01kv6pyttt9x.html

【4/29】CINEMA CIRCUS

14370367_1153948744643501_4354778320411655824_n

春と秋に水戸芸術館広場で開催の「あおぞらクラフトいち」内で懐かしの16mm映写機を使った、子供向けアニメを中心とした小さな野外上映会を開催。

(会場)水戸芸術館広場
(日時)4月29日(土)10:00~17:00 ※CINEMA CIRCUSは4/29のみ
(料金)無料

「あおぞらクラフトいち Spring in 水戸」
開催日時/2017年4月29日(土)・30日(日)10:00~17:00
※雨天決行
開催場所/水戸芸術館広場 →map
〒310-0063 茨城県水戸市五軒町1-6-8
※会場に無料駐車場はございません。水戸芸術館地下駐車場(有料)、近隣の有料コインパーキング、ならびに西の谷無料駐車場(徒歩10分)をご利用ください。
開催主旨/つくり手と直接交流を持てる場の提供と水戸でのクラフトシーンの創造。
開催内容/・出店者によるクラフト商品の展示販売・各種ワークショップ
・カフェ&フードコーナー・DJ、アコースティックライブ
・ライブペインティングなど
主催/水戸デザインフェス実行委員会
〒310-0905 茨城県水戸市石川1-3785-1 Tel.&Fax.029-255-6026
k5design@k5artworkshop.com
共催/公益財団法人水戸市芸術振興財団 後援/水戸市
協賛/K5 ART DESIGN OFFICE.
協力/PARK INC.

http://www.aozora-craft-ichi.com/

【4/25】第17回悠々映画塾『オケ老人』上映会

オケ老人

【日 時】2017年4月25日(火)茨城県民文化センター小ホール
 ①10:00~
 ②14:00~
【前売券】1,000円
【当日券】1,300円
【プレイガイド】県民文化センター、水戸京成百貨店、ひたちなか市文化会館
【主 催・問合せ】茨城映画センター「悠悠映画塾」 ☎029(226)3156
笑って泣いて、また笑う!痛快クラシック音楽エンタテインメント!
梅が岡高校に赴任してきた数学教師の小山千鶴(杏)は、着任早々地元の文化会館でアマチュアオーケストラの演奏を聴き、入団を決意する。千鶴の趣味はヴァイオリンで、学生時代からオーケストラで演奏していたのだ。しかし、千鶴が向かった「梅が岡交響楽団は、メンバーが老人ばかり。どうやら先日感激したコンサートはエリート集団の「梅が岡フィルハーモニーという全く別のオーケストラだったらしい。この小さな町にはアマチュアオーケストラが二つ存在していたのだ。「梅が岡交響楽団」は下手くそな年寄りばかりだったが、若者の入団を大喜びする老人たちに千鶴は自分の勘違いを言い出せないまま、楽団に参加することになってしまう。そしてついには千鶴が指揮棒を振るはめに。そんな折、フランスから世界最高と言われる指揮者ロンバールが来日、「梅が岡フィルハーモニー」を指揮することになるのだが……。
2016年/日本/119分/カラー/ビスタ
監督・脚本:細川徹
出演:杏/黒島結菜/坂口健太郎/左とん平/小松政夫/藤田弓子/石倉三郎/茅島成美/喜多道枝/森下能幸/萩原利久/フィリップ・エマール/飛永翼(ラバーガール)/光石研/笹野高史
配給:ファントム・フィルム

【4/22】popcornオープニングフェス in ミセルくらしPUNTO〜日本全国、みんなで映画を見よう!!

バンクシー.001

だれもが映画館をつくれるサービスpopcornが、いよいよ4月22日に日本全国同時解禁!!
これを記念して、4月22日18時半より『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』を日本全国各地で同時一斉鑑賞するイベントが開催されます。

水戸会場は映画の非劇場での上映活動等を行なっている310+1cinema projectが「ミセルくらしPUNTO」を会場に上映会をおこなう事になりました。

上映前にはpopcornナカムラ氏よりサービスの説明をネット中継。上映後はカフエマメヒコ井川氏とpopcorn大高氏、そしてオープニング上映に参加した全国の会場を交えてのトークイベントを開催し、ネット中継します。

みなさまの参加をお待ちしています。

◇参加費:お一人様  ¥1,000

チケットは事前購入です。こちらから→https://popcorn.theater/events/85

◇定員:15名

popcornとは
popcornは世界初、だれでも自分の映画館をつくることができるサービスです。よく行くカフェで週1回だけ上映する。オフィスを開放して、映画を観る。作品のロケ地で上映することもできるし、上映後に食事会を開催することもできます。なにより初期費用ゼロ、入場者数に応じて上映費用が発生するので、これまでは赤字になってしまった50人以下の小規模上映会も開催できるようになります。

◇『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』とは:

2013年10月1日、バンクシーがニューヨークで展示をスタートさせた。告知もなく突然始まったその展示は、毎日1点ニューヨーク各地の路上に作品を残し、場所を明かさず公式サイトに投稿。人々はその作品を求めてニューヨーク中を駆け回るという、ストリートとインターネット上の両方で勃発した「宝探し競争」だった。

◇タイムテーブル:

17:30 開場

18:00 入場受付開始

18:30 ナカムラケンタ氏による、popcornについてのプレゼン

18:45 映画『バンクシー・ダズ・ニューヨーク』上映開始

20:10 カフエマメヒコ井川氏とpopcorn大高氏、 そして全国の会場を交えて、ネット中継によるトークイベント

【5/20】シネポートシアターMITO vol.15 『湯を沸かすほどの熱い愛』上映会

cpm_A4_o

水戸短編映像祭出身の中野量太監督の商業長編映画デビュー作
中野量太監督ゲスト決定!

★前売りデジタルチケット発売中★

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/012x0dytu035.html

◼︎作品『湯を沸かすほどの熱い愛』| 125分| 2016年 | 日本 |
◼︎期日:2017年5月20日(土)
◼︎会場:ホテル・ザ・ウエストヒルズ水戸 2F千波
(茨城県水戸市 大工町1-2-1)
◼︎定員:各回100名
◼︎上映時間:
①10:30(上映後トーク)※こどももいっしょ♡シアター
②14:00(上映後トーク)
③17:30(上映前トーク)
◼︎料金:前売:一般1200円 シニア(60歳以上)1000円
当日:一般1500円 シニア(60歳以上)1300円
シネポートシアター友の会会員      1000円
悠々映画塾会員             1000円
小・中学生  800円
未就学児 無料
◼︎プレイガイド:県民文化センター、京成百貨店、ひたちなか文化会館、茨城映画センター、ホテル・ザ・ウエストヒルズ・水戸、ミセルくらしPUNTO、taratoria blackbird

★10:30の回は「こどももいっしょシアター」にします!
この企画はこどももいっしょに観てOKですよ〜という企画です。
子供の声や動きが他の人の迷惑になるのでは・・・という思いから映画から離れてしまっている子育て中のお父さんお母さんの声をよく耳にします。当日は会場の方々に、子供の声や動きもいっしょに楽しんで映画をみてくださいと呼びかけますので、ぜひ安心してご参加ください。
特に『湯を沸かすほどの熱い愛』は子育て世代にこそみて欲しい傑作です!
※本企画は託児ではございません。

【5/13】「+1CINEMA:D」映画『ハーフ』上映会

HAFU_B5_Flyer_Front

 

~ 日本は多様化している Japan is Changing ~ 

「ハーフ」の2人の監督西倉めぐみ、高木ララがとらえた日本の姿! 厚生労働省の統計によると、日本の新生児の49人に1人が、日本人と外国人の間に生まれています。この新たに浮上したマイノリティについては、文献も十分ではなく、メディアでも深く取りあげられていません。 ハーフであるとは、どういうことなのか?
日本人であるという意味は? 一体、それは日本にとって、どういう意味を持つのか?

<映画『ハーフ』上映会>

◼︎期日:2017年5月13日(土)

◼︎会場:Café+zakka+gallery Minerva

(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)

◼︎定員:各回30名

◼︎料金:当日 一般(大学生以上)1500円/中高生1000円/小学生以下無料

前売り 1200円

※小学生以下以外のチケットは全てワンドリンク付きです。

◼︎上映時間:① 13:30〜15:30 ② 16:00〜18:00 ③18:30〜20:30

上映作品:ハーフ(HAFU)| 87分|  2013年 | 日本 |

監督・撮影:西倉めぐみ、高木ララ

プロデューサー:西倉めぐみ

共同プロデューサー:高木ララ

エグゼクティブプロデューサー:スピッツミラー・ジラン

編集:三宅愛架

テーマ顧問 :リゼ・マーシャ・ユミ

作曲:ホワイト・雄一郎・ウィントン

配給協力:ユナイテッドピープル