【11/25】「+1CINEMA:D」 映画『バベルの学校』上映会+トークセッション

poster

水戸市を中心に活動している市民団体310+1CINEMA PROJECTが主催する映画をみて語り合う上映会【+1CINEMA:D】今回は水戸で新しい学校を作るための活動をしている「こども学校プロジェクト」さんとのコラボレーションで上映会を行います。上映後にはゲストをお招きしトークセッションを行います。

映画『バベルの学校』上映会+トークセッション

<期日>2017年11月25日(土)

<会場>Café+zakka+gallery Minerva

(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)

<共催>こども学校プロジェクト

<定員>30名程度

<料金>前売り 1200円

当日 一般(大学生以上)1500円/中高生1000円/小学生以下500円

※全てワンドリンク付きチケットです。

↓前売りデジタルチケットはこちら↓

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/019bu5z7dm8v.html

<上映時間>

13:45 開場

14:00 オープニング

14:05~15:35 映画上映『バベルの学校』

15:35〜15:45 休憩

15:45~17:15 トークセッション

「文化と民族の多様性を学べる教育とは?」

17:15 クロージング

17:30 終了

※トークセッションのゲストは調整中です。

※トークセッションの終了時間は前後する場合がございます。あらかじめご了承ください。

<上映作品>

『バベルの学校』

ある教師の人生最後のクラスにそれぞれの事情をかかえて集まった国籍がバラバラの生徒たち…。出会い、そして別れ。国境を超えた友情に心温まる感動のドキュメンタリー。

アイルランド、セネガル、ブラジル、モロッコ、中国…。世界中から 11 歳から 15 歳の子どもたちがフランスにやって来た。これから 1 年間、パリ市内にある中学校の同じ適応クラスで一緒に過ごすことになる。

24 名の生徒、20 の国籍…。この世界の縮図のような多文化学級で、フランスで新生活を始めたばかりの十代の彼らが見せてくれる無邪気さ、熱意、そして悩み。果たして宗教の違いや国籍の違いを乗り越えて友情を育むことは出来るのだろうか。そんな先入観をいい意味で裏切り、私たちに未来への希望を見せてくれる作品。

監督:ジュリー・ベルトゥチェリ

原題: La Cour de Babel

フランス/2013 年/フランス語/89 分/1.85:1/カラー/5.1ch/ドキュメンタリー

広告

【10/28〜】映画講座開講!「映画から学ぶ世界」

映画から学ぶ世界.001

 

310+1シネマプロジェクトの映画講座開講!

継続募集中です。
お申し込みは茨城県県南生涯学習センターまでお電話にて!

<映画からまなぶ世界 ~その魅力をとことん味わう~>
1895年にフランスのリュミエール兄弟がシネマトグラフを発明し、日本に映画が上陸したのが1897年のことでした。それから120年。大衆に愛された数多くの「映画」が世界中の歴史や文化を描き続けてきました。本講座は「世界の窓」とも言える「映画」を題材にして、茨城・日本・世界の歴史や文化、時代背景を読み解きます。

①10/28   「映画」にまつわるよもやま話
②11/4     「世界の窓」、映画。  ~日本映画から洋画まで~
③11/18    映画でまなぶ「日本」  ~深作欣二監督作品から時代を読み解く~
④12/2       映画でまなぶ「世界」  ~インド映画から文化を読み解く~
⑤12/16     映画でまなぶ「茨城」   ~茨城をテーマにした映画を読み解く~

講師:310+1シネマプロジェクト代表 寺門義典 ほか
会場:茨城県県南生涯学習センター(JR土浦駅前)
曜日:土曜日
時間:10:00~12:00
回数:5回
受講料:3,000円

申込:茨城県県南生涯学習センターhttp://www.kennan.gakusyu.ibk.ed.jp/?page_id=13

【10/14】「あまや座」初日、佐々部清監督舞台挨拶!

佐々部清監督、主演・升毅さんの舞台挨拶が決定!!
併せて、11/17までのスケジュール決定!
SCN_0001のコピー

 

【10/28】+1CINEMA:D at DAIGO 映画『台北カフェストーリー』上映会

2017年03月24日10時12分17秒0001

水戸市を中心に活動している市民団体310+1CINEMA PROJECTが主催する映画をみて語り合う上映会【+1CINEMA:D】。今回の会場は水戸市を離れ、大子町で上映会を行います!当日、大子町ではキャンドルナイトを開催中。映画とキャンドルナイトをご堪能ください。

<310+1 cinema project CARAVAN>
+1CINEMA:D at DAIGO

映画『台北カフェストーリー』上映会

<期日>2017年10月28日(土)

<会場>daigo cafe(茨城県久慈郡大子町大子688)

<上映時間>17:30〜19:30

<定員>40名

<料金>前売 1500円

当日 大学生以上 1700円 / 高校生以下 1000円

※チケットは全てワンドリンク付きです。

↓前売デジタルチケット↓
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01nn6hz57h1a.html

人生で本当に大切なものはお金で測れない。

台北で美人姉妹がカフェをオープンする。

このカフェでは「物々交換」が人気に。

物と物を交換するとき、実は物にまつわる

ストーリーも同時に交換している。

そして、姉妹は価値観を変えていく。

OLからカフェのオーナーに転身したドゥアルと妹のチャンアルが念願のカフェを台北でオープンする。ドゥアル・カフェは、コーヒーのアロマ、手製のデザートの香りであふれている。しかし、やっと開店したものの、お客が入らない。そこで妹チャンアルが、カフェで物々交換を始めるアイデアを思いつく。様々な物が持ち込まれ、そして次のオーナーのもとへと去っていく。やがて物々交換はドゥアル・カフェの一番の魅力となっていく。そして物々交換がきっかけで出会った人たちが、心を通わせていく。

ある日、一人の男性がお店にやって来る。彼は世界35都市で集めたという35個の石鹸を持って来て、何か特別なものと交換したいという。以後、カフェに来る度に語られるそれらの石鹸のエキゾチックな物語にドゥアルの心は魅せられていく。そして、物々交換をきっかけに、姉妹の価値観が変わっていく。本当に大切なものは?台北を舞台に展開するオシャレ感覚溢れるカフェ・ストーリー。

 

上映作品:台北カフェストーリー

| 81分| 中国語 | カラー | 2010年 | 台湾 |

原題: 第36個故事

英語タイトル: Taipei Exchanges

監督・脚本:シアオ・ヤーチュアン(蕭雅全 )

製作総指揮: ホウ・シャオシェン(侯 孝賢)

キャスト:グイ・ルンメイ(桂綸鎂 )リン・チェンシー(林辰唏)チャン・ハン(張翰)中孝介(特別出演)

第23 回 東京国際映画祭 アジアの風出品作品

第12 回 台北映画祭 最優秀観客賞受賞

第14 回 釡山国際映画祭 正式出品作品

第54 回 BFI ロンドン映画祭正式招待作品

第30 回 ハワイ国際映画祭 ニュー・チャイニーズ・シネマ部門 招待作品

【10/14】ミニシアター「あまや座」オープン!

2017年10月01日16時10分56秒

2017年10月14日(土)茨城県那珂市瓜連(なかしうりづら)に
茨城県内唯一のミニシアター「あまや座」がオープン!
http://amaya-za.com

オープニング記念価格として一般1500円、学生・シニア1000円(〜11/3まで)

<記念すべきオープニングの上映作品>

オープニングは4作品(2017年10月14日(土)〜11月3日(金))
『家族はつらいよ2』(監督:山田洋次、出演:橋爪功 吉行和子 妻夫木聡 蒼井優 他)
『八重子のハミング』(監督:佐々部清、出演:毅 高橋洋子 井上順 梅沢富美男 他
『この世界の片隅に』(監督:片渕須直、声の出演:のん 細谷佳正 他)
『映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ』(監督:石井裕也、出演:石橋静河 池松壮亮  他)

<「あまや座」概要>

◆料金:一般1700円/大学生1100円/シニア(60歳以上)1000円/高校生以下1000円/障がい者割引1000円
◆定休日:毎週水曜日
◆駐車場:あり(30台程度)
◆座席数31席(最大定員50名)
◆140インチスクリーン/DCP/5.1chサラウンド

【10/19,10/30】第24回悠悠映画塾『アンダンテ~稲の旋律~』

2017年10月01日16時01分59秒

【2017年10月19日(月)】ひたちなか市文化会館小ホール ①10:00~②14:00~

【2017年10月30日(月)】茨城県民文化センター小ホール ①10:00~②14:00~③19:00~

【前売券】1,000円

【当日券】1,300円

【プレイガイド】県民文化センター、水戸京成百貨店、ひたちなか市文化会館

【主 催・問合せ】茨城映画センター「悠悠映画塾」 ☎029(226)3156

 

【10/15】「+1CINEMA:D」映画『0円キッチン』上映会

0円キッチン

<映画『0円キッチン』上映会>

◆期日:2017年10月15日(日)

◆上映時間:① 13:30〜15:30 ② 16:00〜18:00

◆会場:Café+zakka+gallery Minerva

(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)

◆定員:各回30名

◆料金:当日 一般(大学生以上)1500円/中高生1000円/小学生以下無料

前売り 1200円

※小学生以下以外のチケットは全てワンドリンク付きです。

↓前売りデジタルチケット↓

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01k1jtz4j96s.html

使った廃油 684.5リットル。走行距離 5079KM。救出した食材690KG。世界で生産される食料の3分の1は食べられることなく廃棄されている。その重さは世界で毎年13億トン。「捨てられてしまう食材を救い出し、おいしい料理に変身させよう!」と考えた食材救出人のダーヴィド。植物油で走れるように自ら改造した車に、ゴミ箱でつくった特製キッチンを取り付け、ヨーロッパ5カ国の旅へ出発。各地で食材の無駄をなくすべく、ユニークでおいしく楽しい取り組みをしている人々に出会いながら、食の現在と未来を照らし出していくエンターテイメント・ロードムービー。

 

監督:ダーヴィド・グロス、ゲオルク・ミッシュ
脚本:ダーヴィド・グロス
撮影監督:ダニエル・サメール 編集:マレク・クラロフスキー
音楽:ジム・ハワード
制作:ミスチフ・フィルムズ 制作協力:SWR/ARTE、ORF
プロデューサー:ラルフ・ヴィザー 原題:WASTECOOKING
配給:ユナイテッドピープル
2015年/オーストリア/81分