【6/25】シネポートシアターMITO vol.16『きっとうまくいく』上映会

きっとうまくいくチラシ

シネポートシアターMITO vol.16

“cinema blackbird project” presents

『きっと、うまくいく』上映会

「臆病になった時は胸に手をかざしてこの言葉を言うんだ。“AAL IZZ WELL!!”(きっと、うまくいく!!)」

cinema blackbird projectがセレクトする珠玉の一本『きっと、うまくいく』。映画大国インドで当時の歴代興行収入を塗り替え、スピルバーグ監督が「3回も観るほど大好きだ」と絶賛し、ブラッド・ピットは「心震えた」と称す、世界各地でリメイクが決定している至高の感動エンターテイメント・ムービー!涙と笑い(もちろん歌と踊りも)満載のあっという間の170分!!

【上映作品】きっと、うまくいく(2009年/170分/インド)

【期日】 2017年6月25日(日)

【会場】 ホテル・ザ・ウエストヒルズ水戸 2F千波(〒310-0031 茨城県水戸市大工町1-2-1)

【上映時間】

1回目 13:00〜16:30(アフタートーク付)

2回目 17:00〜20:30(アフタートーク付)

【チケット】

デジタル前売りチケット発売中

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/011hswywce81.html

前売  一般1200円 シニア1000円

当日  一般1500円 シニア1300円 小中学生800円

友の会会員 1000円 悠々映画塾 1000円 未就学児無料

***********************************

<シネマブラックバードプロジェクトとは>

水戸の街にミニシアターを復活させ、多種多様で良質な映画を観る機会を取り戻すことを目指し2010年に始動した、水戸市南町のイタリアンレストラン「トラットリア ブラックバード」が行う自主上映活動。過去4作品の映画上映を企画・運営したのち、主催者の産休等を機に活動を一時休止。過去上映作品はvol.1『ジプシーキャラバン』、vol.2『アンヴィル!夢を諦めきれない男たち』、vol.3『バグダッド・カフェ ニュー・ディレクターズ・カット版』、vol.4『息もできない』(水戸映画祭関連企画)。同店が7月末に閉店することを受け、急遽シネポートシアターとのコラボレーションによる復活が実現した。

***********************************

<作品紹介>

「あいつの消息がわかった!」

卒業以来、行方知らずのランチョーに会いたくて駆けつけるファルハーンとラージュー。連絡をしたのはランチョーをずっとライバル視してきたチャトルだった。そこにランチョーの姿は……。

未来のエリートがしのぎを削るインドの超難関理系大学ICEでルームメイトだったランチョー、ファルハーン、ラージューは鬼学長を激怒させ、次々と珍騒動を巻き起こし「三バカ」(※)と呼ばれていた。そんな喜怒哀楽いっぱいの大学生活と、ランチョーのミステリアスな生い立ちを辿る旅が交互に語られていく。※三バカ =『3 idiots』は映画の原題

<邦題>『きっと、うまくいく』

<原題> ”3idiots”

<監督> ラージクマール・ヒラニ

<出演> アーミル・カーン、カリーナ・カプール、R・マドハヴァン、シャルマン・ジョシ、オミ・ヴァイディア

【7/23】「+1CINEMA:D」ドキュメンタリー映画『ダムネーション』上映会

ダムネーションposter

ドキュメンタリー映画『ダムネーション』上映会

【期日】2017年7月23日(日)

【会場】Café+zakka+gallery Minerva(茨城県水戸市宮町2-3-38 ホテル水戸シルバーイン2F)

【定員】各回30名

【料金】当日 一般(大学生以上)1500円/中高生1000円/小学生以下500円

前売り 1200円

※チケットは全てワンドリンク付き

デジタル前売りチケット発売中

https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/0197h0yxcxns.html

【上映時間】① 13:30〜15:30 ② 16:00〜18:00

【作品紹介】

自然の良さは人間が何もしなくてもいいこと。

ただそのままにしておけばいい。

地球の血管にも例えられる川。ダムが及ぼす影響は、私たち生き物すべてに及ぶ。ダムが撤去されたとき時、川は解放され、みずから元の姿に回復していく。本作品が映し出す川の生命力と美しさは、人間も自然の一部なのだということを改めて気づかせてくれる。そして、技術により自然を征服してきた過去と決別し、新しい未来をつくりだす希望の光を見せてくれる。製作責任者はパタゴニア創業者のイヴォン・シュイナード。共同プロデューサーは生態学者で水中写真家のマット・シュテッカー。

 

僕が2013参院選で主張した「破壊から再生の公共事業へ」を、 まさに地でいく動きが今、破壊のオオモトである米国で起きている。
日本の環境運動に(或いは社会に)、決定的に欠如している
「とんちとユーモア」をまざまざと見せつけられる。
あらゆる環境運動に関わっている人々に、
あるいは国の現状を憂いてそれを変革しようと小さな足掻きを営んでいる人々に、
必ず観てほしい映画である。
– 三宅洋平((仮)ALBATRUS/NAU代表)

今や諸悪の根源は、一人一人の小さな無責任。
今を生きる私達が気付き、動き出さなきゃならないんだ!
– 伊勢谷友介(俳優/映画監督/株式会社リバースプロジェクト代表)

 

上映作品:ダムネーション

| 87分|  2014年 | アメリカ |

監督:ベン・ナイト&トラヴィス・ラメル

配給:ユナイテッドピープル

 

【7/16】シネポートシアターMITO vol.17 『聖の青春』上映会

satoshi

シネポートシアターMITO vol.17

『聖の青春』上映会

水戸京成百貨店ロケ作品。

病と闘いながら29歳の若さで亡くなった伝説の棋士・村山聖の生涯を描く感動実話。幼少期よりネフローゼ症候群を患いながら、将棋の最高峰・名人位獲得の夢を抱いていた村山は、森師匠の下を離れ上京することを決意する。松山ケンイチが主人公を熱演。

【上映作品】『聖の青春』(2016年/日本/124分)

【期日】 2017年7月16日(日)

【会場】 ホテル・ザ・ウエストヒルズ水戸 2F千波(〒310-0031 茨城県水戸市大工町1-2-1)

【上映時間】

1回目 10:30〜12:40

2回目 14:00〜16:10

【チケット】

デジタル前売りチケット発売中
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01gzicywchg4.html

前売  一般1200円 シニア1000円

当日  一般1500円 シニア1300円 小中学生800円

友の会会員 1000円  未就学児無料

****************************************

<作品紹介>

1994年、将棋のプロ棋士・村山聖(さとし)七段は、将棋界最高峰のタイトル「名人」を目指し、15歳の頃から10年間弟子入りし同居していた森師匠の元を離れ、上京しようとしていた。聖は幼少期より「ネフローゼ」という腎臓の難病を患っており、家族や仲間は反対する。しかし、幼いころから何をおいても将棋にかけてきた聖を見ている森師匠は、背中を押す。髪や爪は伸び放題、足の踏み場もなく散らかった家、酒を飲むと先輩連中にも食ってかかる聖に皆は呆れるが、みな彼の将棋にかける思いを理解し、陰ながら支えた。その頃、同世代の棋士・羽生善治が前人未到のタイトル七冠を達成する。聖は強烈に羽生を意識し、ライバルでありながら憧れの想いも抱く。そして聖は、将棋の最高峰であるタイトル「名人」になるため、一層将棋に没頭し、並居る上位の先輩棋士たちを下して、快進撃を続ける。そんな中、聖の身体に癌が見つかる。だが、「このまま将棋を指し続けると死ぬ、手術し、療養すべし。」という医者の忠告を聞き入れず、聖は将棋を指し続けると決意する。彼の命の期限は刻一刻と迫ってきていた…。

出演:松山ケンイチ 東出昌大 染谷将太 安田 顕 柄本時生 鶴見辰吾 北見敏之 筒井道隆/竹下景子/リリー・フランキー

原作:大崎善生(角川文庫/講談社文庫)

監督:森義隆『宇宙兄弟』『ひゃくはち』

脚本:向井康介『クローズEXPLODE』『陽だまりの彼女』

主題歌:秦 基博「終わりのない空」 AUGUSTA RECORDS/Ariola Japan

配給:KADOKAWA

【6/17】ドキュメンタリー映画『標的の島~風(かじ)かたか~』上映会&沖縄からの現地報告

eiga_0001

沖縄で活動している平和丸船長の相馬由里さんをゲストに上映会を開催します!茨城初上映です!

【日 時】2017年6月17日(土)14:00~
【会 場】駿優教育会館ホール(水戸駅北口)
【前売券】1,000円
【当日券】1,300円
【プレイガイド】県民文化センター、水戸京成百貨店、ひたちなか市文化会館
【主 催】辺野古の闘いに連帯し映画『標的の島~風かたか~』を観る会

【7/12】響き合うこころ~人とアートをつなぐトークライブ~

DBD9PBmVwAAAh_h

鎌仲ひとみ監督・ミュージシャンの渡辺俊美さん・TOSHI-LOWさん来場決定!

福島のお母さんたちが子どもを被ばくから守るためにどのような選択をしたのかを描いた映画「小さき声のカノン」の上映と、鎌仲ひとみ監督・ミュージシャンの渡辺俊美さん・TOSHI-LOWさんそれぞれが、現地でみた福島のいまを言葉と音楽を通して伝えていただきます。

【タイムテーブル】*昼の部・夜の部 入れ替え制

<昼の部> codomomoisshoタイム(未就学児の入場OK・託児なし)

11:30      開場

12:00      イベントスタート

12:10~14:10  映画「小さき声のカノン」上映(120分)

14:10~14:30  休憩&セッティング(20分)

14:30~15:45  トーク&ライブ(75分)

<夜の部>

17:00       開場

17:30       イベントスタート

17:40~19:40   映画「小さき声のカノン」上映(120分)

19:40~20:00   休憩&セッティング(20分)

20:00~21:15   トーク&ライブ(75分)

【チケット】

大人2800円(当日3000円)/高校生・大学生2300円(当日2500円)/小学生・中学生1300円(当日1500円)/未就学児:無料(昼の部のみ、託児なし)

【後援】

日立市・日立市教育委員会・(公財)日立市民科学文化財団・東海村・東海村教育委員会

【7/2】ドキュメンタリー映画『みんなの学校』上映会&木村泰子さん講演会

eigaひたちなか市で、「みんなの学校」上映会&木村泰子さん講演会が開催されます。

【日時】2017年7月2日(日)13:00〜17:00

開場    12:30

上映会開演 13:00/上映会終演 14:50

講演会開演 15:10/講演会終演 17:00

【会場】ホテル クリスタルパレス(ひたちなか市大平1-22-1)

【チケット】

一般 当日券1,500円/前売券 1,300円

小中高生   500円

障害者割引  1,000円

チケット入手方法はこちら▶︎

【6/27,28】悠悠映画塾『人生フルーツ』上映会

jinnsei

【日時】2017年6月27日(火)

 ①10:00~
 ②14:00~
 ③19:00~
【会場】茨城県民文化センター小ホール
【前売券】1,000円
【当日券】1,300円
【プレイガイド】県民文化センター、水戸京成百貨店、ひたちなか市文化会館、東海文化センター
【主催・問合せ】茨城映画センター「悠悠映画塾」 ☎029(226)3156

【日時】2017年6月28日(水)

 ①14:30~
 ②19:00~
【会場】東海文化センターホール
【前売券】1,000円
【当日券】1,300円
【プレイガイド】県民文化センター、水戸京成百貨店、ひたちなか市文化会館、東海文化センター
【主催・問合せ】茨城映画センター「悠悠映画塾」 ☎029(226)3156

【5/30〜7/16】企画展 「スクリーンの仲間たち」大下武夫作品より

----------------------------2017-06-01-0.18.53

水戸市内の映画館の看板を多く手掛けてきた映画看板絵師・大下武夫(1942年生まれ)さんの展覧会『「スクリーンの仲間たち」大下武夫作品より』が水戸市備前町にある常陽資料館で5月30日(火)~7月16日(日)の期間で開催。

映画看板絵師とは劇場公開される映画館の看板を専門に描く絵師のことで、大下武夫さんは水戸市内にある映画館の看板を約60年描き続けてきました。

この展覧会では、オードリー・ヘップバーン、アラン・ドロンなど往年の映画スターを描いた作品が展示されます。

会期/平成29年5月30日(火)~平成29年7月16日(日)(月曜日休館)
会場/常陽資料館アートスポット(水戸市備前町6-71)
料金/無料
時間/午前10時〜午後5時45分